ネットショップを閲覧しているお客様のケースは大きく分けて2通りあります。

まず、購入する商品が決まっているお客様と、もう一つのケースは単純にショップを覗き欲しい商品が見つかれば購入しようと考えているお客様です。

後者の場合は、欲しい商品があれば購入するという前提のため、各ページを回遊します。

そのため、多くの場合は回遊したものの、購入に至らない場合も多くあります。

勿論、後日、買い物カゴに入れた商品を購入して頂けることもありますが、そのためには印象に残るようなサイトである必要があります。

しかし、前者の場合、既に購入する商品が決まっているお客様に対しては、Happiの機能が最大限に役立つ可能性があります。

商品のターゲットがある程度決まっているお客様は、商品詳細ページや価格など購入に向けて情報をネットショップから得ようとします。

ただ、ネットショップから、お客様の欲しい情報が得られなかった場合、お客様は貴方のネットショップから離脱する可能性も否めません。

このようなことにならない為に、例えば、同じページを数回、閲覧した場合にHappiの機能を使い、商品についての質問ポップアップからクーポンのポップへ変更するといったことができます。

そうすることで、お得に購入できるなど欲しかった情報が手に入るため、お客様が購入に至る可能性がとても高くなります。

Happiの管理画面より、ページ閲覧繰り返し回数を指定した状態でシナリオを作成するとこのような動作が可能になります。