ネットショッピングの際、買い物カゴに入れた商品をそのままにして購入せずにそのままにしているといった経験、皆さんも一度はあるのではないでしょうか?

このような場合、考えられる原因として、大きく分けて2通りあります。

一つ目のケースは、購入するつもりの商品をショッピングカート(買い物カゴ)に入れたまま忘れてしまっていたという単純なケースです。

2つ目のケースは、購入自体を迷っているため、ゆっくり検討したり、他の商品との比較などの理由から、ショッピングカート(買い物カゴ)に入れたままにしているといったケースです。

後者の場合は、ショッピングサイトにお気に入りボタンのと呼ばれるような機能代わりとして、目星のつけた商品に後から閲覧できるようにしている方もいます。

ですが、この機能の存在自体を知らない人もいるため、ショッピングカート(買い物カゴ)にとりあえず入れておくといったユーザーも一定数存在します。

どちらのケースもユーザーの背景としては、少なからず購入したい商品と考えているため、ショッピングカート(買い物カゴ)に入れるといった行動が働きます。

また、運営サイト側から何もアクションをしなければ、ユーザーはショッピングカート(買い物カゴ)に商品をいれたままの状態で止まってしまうことでしょう。

そこで、役に立つのが、ユーザーにフォローアップメールでショッピングカート(買い物カゴ)に入った商品の案内をかけます。

よく目にする内容としては、買い忘れはございませんか?気になっている商品のような文面でメールを配信することで、購入しようと考えているユーザーであれば、売上につなげれる機会となります。

フォローアップメールは購入の機会損失にも目を向けるきっかけとなります。

因みにショッピングカート(買い物カゴ)に入ったままの状態のことをカゴ落ちと呼びます。

カゴ落ちの機会損失を効率よく売り上げにつなげていくには、フォローアップメールを送信するタイミングも重要となりますので、一度、ショッピングサイトの見直しやHappiの機能を使いデータ分析してみると良いでしょう。