ユーザーがネットショップに訪問した際にどのような経路でサイトに辿り着き、どのようなページを閲覧しているのかが分かれば、ネットショップの売り上げに貢献することができます。

ネットショップを運営したものの、売り上げや集客がある一定ラインから上がらず、悩みを抱えているサイトオーナーは多く存在します。

その中でも特にインターネットに慣れていないオーナーであれば、どこをどのように改善したら良いのか分からず、時間だけが過ぎていくといったことも珍しくありません。

Happi機能では、ユーザーがどのリンクで飛んでどのページを閲覧したかの分析を行うことが可能です。

このようにデータを分析、収集することで、ユーザーの欲しい情報を読み取ることができます。

分析の結果、ユーザーの動向が分かれば、ネットショップの改善策が浮き彫りになるため、対策や改善方法が見えてきます。

最近では、ネットショップ内にSNSをリンクさせているサイトがほとんどですが、例えば、どのページの商品や記事に「いいね」を押したのかなどの情報を追跡することができます

「いいね」が商品であれば、「いいね」された対象の商品が在庫切れや売り切れ状態になっていないか?といった在庫管理に目を向けることもできます

もし、「いいね」されたものの、商品が購入されなかった場合、後日、ユーザーが購入する目的で再訪問してくれるケースも多くあります。

データの分析を行うことで、細かいユーザーの心理状況を読み取ることができますので、Happiの機能を活用してみてください。